2010年01月01日

作品に名前

作品に名前

能州紬(のうしゅうつむぎ)は「作品」と呼ばれております。

絲藝苑は企業であり、そこで生み出されるのが能州紬であるのだから
本来ならば製品と呼ぶべきでしょう。

しかしあえて「作品」と呼ばれております。

それは一点一点が手作りで「絵画」や「工芸品」を
思い浮かばざるをえないからです。

それと一点一点に名前が付けられてます。

そして作家の名前も一点一点に織り込まれてます。

このようなことは大量生産品ではあり得ないことです。

それに能州紬の場合は
一点の着尺を完成させるまでに数ヶ月を要する場合が多々あります。

それを考えただけでも「作品」と呼ぶ価値は充分あります。

そして作品には名前が付けられるのが当然の成り行きと言えます。
posted by 能州紬研究会 at 00:00| 能州紬アレコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPへ戻る
FX業者レバレッジ比較